ウエアハウス直営店の"公式オンライン・セレクトSHOP"

トップページ  »  トピックス  »  メイド・イン・U.S.A.で復刻される大阪タイガースのユニフォーム
メイド・イン・U.S.A.で復刻される大阪タイガースのユニフォーム

メイド・イン・U.S.A.で復刻される大阪タイガースのユニフォーム

阪神タイガース×EBBETS FIELD FLANNELS×WAREHOUSE OSAKA TIGERS GOODS COLLECTION
大阪タイガースとは

日本のプロ野球球団 セントラルリーグ所属の阪神タイガース創設時のチーム名が大阪タイガースである。現存する12球団のなかで、読売ジャイアンツに次ぐ歴史を持っている。
設立は1935年。ベーブルースやル―・ゲーリッグら大リーグオールスター選抜チームの来日で沸いた1934年に「東京巨人軍」が創立された。親会社である読売新聞社は、数球団による「職業野球リーグ」を結成することを企画。東京、名古屋、大阪という大都市に球団を創立することを考え、この三大都市で対抗試合を行うべく、ライバル球団の創立を要請した。名古屋は名古屋新聞に、大阪には阪神電鉄(阪神電気鉄道)に職業野球の球団を要請した。これをうけるかたちで、阪神電鉄は甲子園球場を本拠地とした球団を設立することとなった。その後に阪急電鉄も球団を創立することになる。これが1935年株式会社大阪野球倶楽部、球団名「大阪タイガース」が発足した経緯である。
「タテジマ」「トラ」などのタイガースを象徴する言葉は、その長い歴史が培ったものである。大阪タイガースはその後チーム名を阪神タイガースに変更しても、そのデザインはほとんど変更が無い。これは歴史のある球団のなかでは極めて珍しい事である。

EBBETS FIELD FLANNELSとは

古き良きアメリカのベースボールシャツやキャップを当時の製法のまま未だにアメリカのシアトルで作り続ける稀有なメーカー。米国のプロ野球選手がチームの古い時代のユニフォームを着て試合をする「OLD TIMERS BASEBALL」(オールドタイマーズベースボール)では多くのチームがエベッツフィールド社製のフランネルのベースボールシャツを着てプレーをしています。

古いベースボールシャツはフランネルで作られたワークウエアのようなものだった

現代のベースボールシャツ(ユニフォーム)はジャージ素材であり、光沢があるだけでなく、運動に適した伸縮性を兼ね備え撥水性にも富んでいます。しかし、19世紀に生まれたベースボールシャツは、当時襟付きのプルオーバータイプであり、素材はウールフランネルでした。縫製も布帛のシャツを縫う仕様と同じものです。これはまさに労働着であるワークシャツと同じです。20世紀になり、襟が付いたものと立ち襟のものが生まれ、1920年代頃になると「コートスタイル」と呼ばれる前開きタイプも出始めるようになりました。大阪タイガースが創設したのは1930年代、ユニフォームはまだフランネルであり、日本ではまだ高級な素材で、東京の六大学野球のユニフォームなどは紳士服を仕立てるテーラーや百貨店でユニフォームを誂えていたようです。
ここでは1940年代にUSMC(アメリカ海兵隊)に所属した人が所有し、その後リプロダクトされたカーディナルスというチーム。1910年代のカタログに掲載されているプルオーバータイプのフランネルシャツをご紹介します。

ヴィンテージベースボールシャツ

ヴィンテージベースボールシャツ ディティール1

フロント前立てに縁取りが入るのは最もポピュラーなベースボールシャツの特徴。

ヴィンテージベースボールシャツ ディティール2

やや小ぶりであるものの「ワークシャツ」の流れを感じる事が出来る襟付きの仕様。

ヴィンテージベースボールシャツ ディティール3

脇には通気孔が開けられる。布帛であるために伸縮性には欠けるものの、稼働域に考慮された仕様。

ヴィンテージベースボールシャツ ディティール4

珍しく袖側が高い縫製仕様。シャンブレーシャツなどにもまれにみられる。

ヴィンテージベースボールシャツ ディティール5

マチが付くこと負荷を逃がすように設計されている。

ヴィンテージベースボールシャツ ディティール6

首飾りのようにぐるりとぶら下がるフロントの仕様。ウールフランネルの肉感ある生地が二枚重なるために、現代のユニフォームよりも重厚感がある。

1930’s 大阪タイガース 伝統のストライプユニフォーム

大阪タイガースとして初めてストライプのユニフォームが採用されたモデルです。ダークグレーの地に黒いストライプは、高級なスーツ地を思わせるウールフランネル。背面からフロント前立てにかけて乗せられる「首飾り」の仕様は、エベッツフィールド社に依頼し型紙からオリジナルで作成して再現しました。キャップはツバに芯が入らないタイプを採用し、フェルトを重ねたイニシャル、内側のあて生地には柔らかいホースレザーを使用しています。
ウール布帛独特のハリのあるユニフォーム。ワークウェアをベースボールシャツにしていた時代のアメリカの、当時の仕様で再現する戦前のタイガースユニフォームです。エベッツフィールド社の「USA」ウエアハウスの「OSAKA」の文字が入るクラシックな織りネームもオリジナルです。

1930年代 大阪タイガース ユニフォーム

1930年代 大阪タイガース ユニフォーム ディティール1

創立以来変わらない「Tigers」のレタリングは1930年代を再現してフェルト仕様。

1930年代 大阪タイガース ユニフォーム ディティール2

黒蝶貝のボタン。天然もののために微妙に風合いが変化する。フロントの合わせ「g」の文字中にボタンが来る仕様も忠実に。

1930年代 大阪タイガース ユニフォーム ディティール3

やや小ぶりながらも着用すると立つ襟の仕様。クラシックなベースボールシャツの伝統的なディテール。

1930年代 大阪タイガース ユニフォーム ディティール4

「OSAKA」と「USA」が印象的なダブルネームの織りネーム。

1930年代 大阪タイガース ユニフォーム ディティール5

フロント前立てから首周りをぐるり一周する「首飾り」は生地の重厚感と相まって独特の雰囲気がある。

1930年代 大阪タイガース ユニフォーム ディティール6

ジャージの様な伸縮性には欠けるために考慮された脇したのマチ。力を逃がすための処理がされている。

1930年代 大阪タイガース 帽子 ディティール1

高すぎず、低すぎずに設定したクラウン部分。ツバに芯が無いタイプの為被り方の範囲は広がる。

1930年代 大阪タイガース 帽子 ディティール2

フェルトを重ねた「O」の文字は「大阪タイガース」のイニシャル。

1930年代 大阪タイガース 帽子 ディティール3

内貼りに柔らかいホースレザーを使用しているため額アタリが良く、使い込むほどに雰囲気が増してくる。

1948年 大阪タイガース ダイナマイト打線ユニフォーム

2010年に実際に復刻されたことのある通称「ダイナマイト打線」時代のユニフォーム。タテジマのイメージとは大きくかけ離れた濃紺のこのユニフォームはその時代背景に理由が在る。戦後の物資の不足により、タテジマのフランネルウールが入手できなかった時代のものである。大きな変化のない大阪~阪神タイガースのユニフォームの中で、この「ダイナマイト打線」時代の濃紺ユニフォームは、とても印象の強いものであり、「最強打線」の象徴である。

1948年 大阪タイガース ユニフォーム

1948年 大阪タイガース ユニフォーム ディティール1

オフホワイトをイエローで縁取ったフェルトレタリング。

1948年 大阪タイガース ユニフォーム ディティール2

当時のベースボールシャツにみられる貝のボタン。天然もののために微妙に風合いが変化する。

1948年 大阪タイガース ユニフォーム ディティール3

小ぶりな襟でありながら着用するとクラシックな佇まいを演出する。

1948年 大阪タイガース ユニフォーム ディティール4

エベッツフィールドとウエアハウスの協業である証のオリジナル織りネーム。「OSAKA」という文字が良く似合う。

1948年 大阪タイガース ユニフォーム ディティール5

ストライプユニフォーム同様の首飾り使用。

1948年 大阪タイガース ユニフォーム ディティール6

「ダイナマイト打線」時代は、黒ではなく濃紺であったといわれる。白黒写真からは想像できないが、濃紺は時として黒にも見え、「強力打線」といわれたその選手を見て、ファンには黒色に映ったのかもしれない。

1948年 大阪タイガース 帽子 ディティール1

目の粗いウールを使用したベースボールキャップ。クラウンの高さもオリジナルである。

1948年 大阪タイガース 帽子 ディティール2

フェルトを二段重ねたダイナマイト打線の「O」のレタリング。

1948年 大阪タイガース 帽子 ディティール3

内貼りには柔らかいホースレザーを使用。

阪神タイガース × EBBETS FIELD FLANNELS × WAREHOUSE
OSAKA TIGERS GOODS COLLECTION

Osaka Tigers 1930’s Gray Stripe Baseball Shirts

77,760円(税込)

購入ページはこちら
Osaka Tigers BaseBall Cap 1930's
Osaka Tigers BaseBall Cap 1930’s Gray Stripe

11,880円(税込)

Osaka Tigers 1948 Baseball Shirts

77,760円(税込)

購入ページはこちら
Osaka Tigers BaseBall Cap 1948
Osaka Tigers BaseBall Cap 1948 Navy

11,880円(税込)

こちらも
チェック!!
1930’s ベースボールジャケット ボタン掛けスタイル

1930's ベースボールジャケット

詳細ページはこちら