ウエアハウス直営店の"公式オンライン・セレクトSHOP"

トップページ  »  トピックス  »  WAREHOUSE MONTGOMERY WARD TYPE
WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)

30年代後半に作られた幻のジーンズをウエアハウスが蘇らせる!

モンゴメリーワードが1930年代後半に作った
スターステッチがアイコンのカウボーイパンツ。
その歴史を紐解き今年20周年のウエアハウスが復刻を果たす。

WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)前

ウエアハウス20周年の記念モデルとして復刻

ヴィンテージファンの間で知る人ぞ知る存在なのが、バックポケットに星型のステッチが施されたこのモデル。ボタンなどにブランド名は刻印されておらず、革パッチが読み取れない状態になってしまうと、製造したブランドを知るための手がかりはない。しかし、この唯一無二の存在感を放つ星型ステッチと、発見される頻度の低さからヴィンテージの業界では知らない者はいないはずだ。これは、モンゴメリーワード社が手掛けたものである。

実はこのジーンズ、作られたのは’30年代後半で、モンゴメリーワード社から販売されていたサークルMライン『メイド・イン・ザ・ウエスト』のものである。円の中にMWがデザインされたロゴは、カバーオールなどのボタンには刻印されているため、見たことがある方も多いだろう。デュードランチに沸くアメリカで、テキサスの独立100周年祭(テキサスは1836年にメキシコから一方的に独立すると宣言し、テキサス共和国と名乗った。)が開催された1936年以降に製造されたものと推測される。なぜなら、このパンツが作られた時のことが、当時の貴重なモンゴメリーワード社のカタログに記載されているためである。そこには、’37~’39年の間に開催された全米ロデオ選手権において、チャンピオンになった3名のカウボーイに、このデニムパンツのデザインやプロデュースを依頼したものだと記されているのだ。

WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)後

星形ステッチはテキサスを象徴するもの

モンゴメリーワード社は、シアーズ・ローバック社、J.C.ペニー社と並ぶ3大ストアの1つとされ、展開しているプライベートブランドもそれぞれ人気がある。その中で、今回のようなロデオパンツなどウエスタン系のウエアを専門に販売していたのが、『101』というレーベルだ。ヴィンテージショップなどでも目にする機会が多く、当時からそれなりに知名度と販売力を持っていた可能性もあるが、逆にウエスタンウエアの販売実績が芳しくなく、販路拡大のテコ入れ策としてテキサス独立100周年に合わせ、このような企画を行ったのかもしれない。いずれにしても、モンゴメリーワード社の本拠地はイリノイ州シカゴで、テキサスと深い縁があったとは考えづらいのである。

さて、このデニムパンツに携わったのは、’37年チャンピオンのエベレット・ボウマン氏、’38年チャンピオンのバレル・マルキー氏、’39年チャンピオンのポール・カーニー氏の3名である。おそらく売り出されたのは’39年だろう。すぐにカタログからも消滅し、残存数も少ないことから、一般的にはそれほど売れなかったのかもしれない。しかし、そのアイコニックな意匠と希少性から、今もコアなヴィンテージファンの間では語り継がれる存在なのである。

VINTAGE

1939 MONTGOMERY WARD
“Made in the West” Denim Pants

この時代のストアブランドのデニムパンツは、そのほとんどがワークパンツであるが、
こちらはロデオチャンピオン達によるカウボーイパンツであるため、
意匠はバックシンチの付いた5ポケットジーンズだ

ヴィンテージ 1939 モンゴメリーワード前
ヴィンテージ 1939 モンゴメリーワード後
ヴィンテージ 1939 モンゴメリーワード前後

WAREHOUSE

Lot 1939 MONTGOMERY WARD TYPE
(BUCKLE BACK MODEL)

上で紹介したヴィンテージを基にして作ったのがこちら。特筆すべきは、ウエアハウスとしては史上初めてLot 1001と同じ旧式の力織機で織ったシュリンク・トゥ・フィットのセルビッジデニムを左綾で仕立てていること。当時のものも当然左綾である。ウエアハウス20周年を記念するにふさわしい特別な1本だ。

WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)前
WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)後
WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)前後
WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)ディテール1

このデニムパンツは、星の頂点が上に来るようにステッチが施されているが、今回基にしたヴィンテージは非常に珍しいことに両ポケットともに逆さま。それをあえてそのまま再現した

WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)ディテール2

復刻モデルでは当然ウエアハウスの革パッチが付属。ヴィンテージは先述したサークルMラインのもので、それを示す”円にMW”のロゴが現状でも革パッチの中央上部に確認できる

WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)ディテール3

トップボタン、フロントフライのボタンなどにブランド名の刻印はない。ヴィンテージに倣い、復刻モデルも同様のものをしっかりと再現している。縫製仕様などにも手抜かりは一切ない

WAREHOUSE MONTGOMERY WARD(モンゴメリーワード)ディテール4

旧式力織機で織り上げたセルビッジ付きの左綾デニム。洗濯と着用を繰り返すことで、『Lee』のように右から左に向かってデニムが斜向していくのが特徴だ。防縮加工は施されていない

MONTGOMERY WARD TYPE LINE UP

Lot 1939 MONTGOMERY WARD TYPE (BUCKLE BACK MODEL)
Lot 1939
MONTGOMERY WARD TYPE
(BUCKLE BACK MODEL)

25,920円(税込)
SIZE:28~34、36、38

ご購入ページはこちら
Lot 1939S MONTGOMERY WARD TYPE SLIM
Lot 1939S
MONTGOMERY WARD TYPE
SLIM

24,300円(税込)
SIZE:28~34、36、38

ご購入ページはこちら

こちらはシルエットをやや細くアレンジし、バックシンチが外された’50年代以降のモデルをイメージして製作。シンプルなモデルであるが、バックスタイルにこの星形ステッチはインパクトを与えてくれる