ウエアハウス直営店の"公式オンライン・セレクトSHOP"

トップページ  »  トピックス  »  フランネルシャツにみるウエアハウスの真髄
WAREHOUSE FACTORY TOUR

フランネルシャツにみるウエアハウスの真髄

WAREHOUSE FACTORY TOUR
フランネルシャツにみるウエアハウスの真髄。

15年以上のロングセラーを誇る、ウエアハウスのネルシャツは
「オーセンティックにデイリーウエアとして着られるネルシャツを」というコンセプトで作られる。
今回はそのネルシャツに込められたウエアハウスの熱い想いを紐解いていく。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ

インチサイズの設定が生み出すヴィンテージ縫製。

ジーンズはもちろんのこと、ウエアハウスがプロダクツを生み出すにあたり、生地作りと縫製仕様にこそ、彼らのアイデンディティが注入されている。そこで間もなく新作が登場するフランネルシャツを例に取りフォーカスしていく。

その縫製工場は岡山県児島エリアの住宅街に佇んでいる。創業1966年という老舗の宝縫製は、シャツ専門に縫製するファクトリーだが、ワークシャツのような厚手のシャツを主に手掛け、ウエアハウスのワークシャツを一手に担っているという。

「ウエアハウスさんは毎シーズン生地や縫製仕様が異なるので苦労する部分もあるけれど、我々自身も勉強になるんですよ」と工場代表の中道智さん。彼はウエアハウスが絶大な信頼を寄せている人物で、長年同ブランドのネルシャツやワークシャツを担当しているパートナー。工場には、ミシンはウエアハウスのシャツだけを縫うために、インチセッティングが施されたミシンが設置される(通常日本はミリ設定)。そのため右上の写真のような脇部分の巻き縫い幅は7/32インチ(0・56センチ)に設定。裏側に出る環縫いもシャツらしい張力の効いたものに。その仕上がりはまさに旧きよき時代感のあるアメリカらしい縫製なのだ。

力織機

タテ、ヨコともに違う染色方法で染められた数種類の単糸が力織機にセットされる。色違いのヨコ糸を積んだシャトルが、パンチカードの配列に従って糸を運び、ゆっくりと柄が構成されていく。

またフランネルの生地自体にもブランドの強い想いが注入される。いまや日本に限られた地域にしか残っていない旧式の力職機。これによって生まれる副産物がセルビッジ。ジーンズはセルビッジ、Tシャツは丸胴というように、ディテールでプロダクトの旧さの度合いを判別されがちだが、ウエアハウスが求めるのは、その先にある生地の風合い。デニム同様に旧いネルシャツの生地を織っていた糸は不均一なムラ糸。その糸を現代の新しい織機を使用して強いテンションをかけて織るとヴィンテージとはかけ離れた生地になってしまう。つまり単糸が持つ本来の風合いが損なわれてしまうのだ。そのため力織機で織る最大のメリットは、セルビッジを持った生地を生み出すことではなく、糸本来が持つ凹凸を損なわない生地というわけなのだ。
生地と縫製。これがウエアハウスのアイデンティティのひとつと言えるだろう。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ生地

生地の表には微起毛、裏には深い起毛を施すことで、温かみのある風合いが生まれる。また写真の着用サンプルのように着こむほどに起毛が束ねられ、ヴィンテージのような風合いが生まれていく

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ

アメリカのワークウェアを追及して生産される縫製仕様。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ ディティール1

肩、脇部分にかけての巻き縫いの幅は7/32インチ(0.56センチ)に設定。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ ディティール2

左身頃の生地をラッパに入れて折り曲げて縫製される前立て。立体感のある仕様が特徴的。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ ディティール3

力織機で作られた証ともいうべきセルビッジ付きのマチ。ただしウエアハウスはセルビッジ生地を強調したいのではなく、力織機による生地の風合いを求めて生まれたものとして捉えている。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ ディティール4

今回の取材で工場では前立て部分をラッパ(縫製する際に使用する金属のガイド)に通し縫製する現場に立ち会えた。手作業でしかできない手間のかかる縫製箇所だ。

ボタンも3種類を使い分ける。

柄によって使い分けているボタン。天然素材から耐久性の向上により生産された1950年代前後のデザインを採用。細かな柄の黒とアイボリーのボタンは別注したもの

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ ボタン

ポケット形状は大きく分けて2種類。

ポケットは角が丸くなっているタイプと斜めにカットされたタイプが存在する。またフラップにはペン差しがないものも展開。徹底してディテールを使い分ける姿勢には脱帽。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ ポケット

ウエアハウスが誇るフランネルシャツ・ラインナップ。

WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ A柄
Lot 3095 A柄

NON WASH 19,980円(税込)
ONE WASH 20,520円(税込)
COLOR:グレー、ブラウン

’60年代を彷彿させる落ち着いた配色と細かな柄は大人のカジュアルを演出してくれそう。角の付いたポケットを採用している。ボタンは皿を裏返したようなクラシカルなデザインのタイプを使用

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ B柄
Lot 3095 B柄

NON WASH 19,980円(税込)
ONE WASH 20,520円(税込)
COLOR:ブラック、ネイビー

トラディショナルなタータンチェックを採用。斜めにカットされたポケットと黒いボタンで構成される。ブルー系チェックの他に、珍しいピンク系チェックを展開している

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ C柄
Lot 3095 C柄

NON WASH 19,980円(税込)
ONE WASH 20,520円(税込)
COLOR:レッド、ブルー

王道のチェック柄だが、いまやヴィンテージでは数が少ないグッドパターン。着こむほどに色が抜けて味わい深い雰囲気に。ボタンは細かい柄が刻まれたナチュラルカラーを使っている。レッドとブルーを展開している

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ D柄
Lot 3095 D柄

NON WASH 19,980円(税込)
ONE WASH 20,520円(税込)
COLOR:パープル×ブルー、レッド×グリーン

大きなパターンと絶妙な配色で構成されたクラシカルなチェック。他と同様にバイアスに生地を使ったポケットが特徴的。ブルー系チェックの他にグリーン系チェックも展開。どちらも濃色のジーンズとの相性もよさそう

ご購入ページはこちら
WAREHOUSE(ウエアハウス) Lot 3095 ネルシャツ E柄
Lot 3095 E柄

NON WASH 19,980円(税込)
ONE WASH 20,520円(税込)
COLOR:ネイビー、レッド

唯一ポケットの生地をバイアス取りせず、ペン差しホールを排除するなど、ウールシャツのようなパターンが特徴。ボタンは細かな柄が刻まれた黒いタイプを使用。落ち着いたブロックパターンも好印象

ご購入ページはこちら